NY原油反発、61ドル後半 - イラン供給懸念で

NY原油反発、61ドル後半

イラン供給懸念で

共同通信 47NEWS
【ニューヨーク共同】週明け8日のニューヨーク原油先物相場は反発し、指標の米国産標準油種(WTI)の2月渡しが前週末比0.29ドル高の1バレル=61.73ドルで取引を終えた。 産油国イランでの反政府デモ...

「イラン」のニュース

「NY原油」のニュース

「原油価格」のニュース

「産油国」のニュース

「週明け」のニュース