2017年4月18日

カネボウ白斑訴訟で和解

カネボウ白斑訴訟で和解

宮崎地裁で女性6人

共同通信 47NEWS
カネボウ化粧品(東京)の美白化粧品を使って肌がまだらに白くなる白斑症状が出たとして、宮崎県に住む50~70代の女性6人が同社に計約1200万円の損害賠償を求め提訴した訴訟は18日までに、宮崎地裁(五十...

カネボウ

カネボウ株式会社(旧東京綿商社、旧鐘淵紡績、旧鐘紡)は、かつて存在した日本の企業。2004年以降の会社再建に伴い、事業譲渡などが行われ、最終的にトリニティ・インベストメント株式会社へ合併された。詳細は下記の各項目を参照のこと。 (カネボウ Wikipedia)

宮崎県

和解

訴訟

提訴

損害賠償

関連記事

ダイキン、2億円支払いで和解

兵庫の倉庫火災

共同通信 47NEWS
倉庫火災で商品が焼損したのはエアコン室外機の欠陥が原因だとして、兵庫県宝塚市の化粧品会社などが製造元のダイキン工業(大阪市北区)に計約6億7千万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁(長谷部幸弥裁判長)で...配信元で全文
御嶽噴火訴訟、国が正当性主張

御嶽噴火訴訟、国が正当性主張

第2回弁論で「合理的判断」

共同通信 47NEWS
58人が死亡、5人が行方不明となった2014年の御嶽山(長野・岐阜県)の噴火災害で、気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを怠ったなどとして、犠牲者遺族が国と長野県に損害賠償を求めた訴訟の第2回口頭弁論が1...配信元で全文

宮城・大川小控訴審で遺族側主張

「マニュアル整備怠った」

共同通信 47NEWS
東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が市と県に損害賠償を求めた訴訟の控訴審第3回口頭弁論が14日、仙台高裁(小川浩裁判長)であり、遺族側は「校長らが学校の危機管理マニ...配信元で全文