「宮城県女川町」のニュース

詳細

2017年4月21日

2017年3月18日

「女川いのちの教科書」完成

「女川いのちの教科書」完成

震災の記憶、千年先へ

共同通信 47NEWS
東日本大震災で800人以上が犠牲になった宮城県女川町で防災活動をしている高校生グループが、自らの被災経験や教訓をつづった「女川いのちの教科書」が完成した。千年先まで震災の記憶を残したいとの思いが込めら...配信元で全文

東日本大震災

教科書

「逃げろ」で坂道駆け上る、宮城

「逃げろ」で坂道駆け上る、宮城

津波の教訓伝承

共同通信 47NEWS
東日本大震災の津波で大きな被害に遭った宮城県女川町で18日、「逃げろ」の掛け声を合図に参加者が一斉に坂道を駆け上る行事が開かれた。津波が来たら、いち早く高台へ逃げることが大事という教訓を後世に伝えるた...配信元で全文

津波

2017年3月10日

JR東、石巻線で避難訓練

JR東、石巻線で避難訓練

津波想定し乗客誘導

共同通信 47NEWS
東日本大震災から6年の節目を翌日に控えた10日、JR東日本仙台支社は被災した石巻線女川駅(宮城県女川町)付近で、津波から乗客を守るための避難訓練を行った。 震度6強の地震が起き、車両が緊急停車したと想...配信元で全文

JR東日本

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英: East Japan Railway Company )[注 1]は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。東北地方全域(青森県の一部を除く)、関東地方全域(神奈川県の一部を除く)、新潟県の大部分、山梨県・長野県のそれぞれ約半分、静岡県の一部地域を営業区域とし、JRグループの中で最も企業規模が大きい。本社は東京都渋谷区。東証一部上場。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。コーポレートカラーは緑色。取締役会長は清野智、代表取締役社長は冨田哲郎。社歌は「明け行く空に」。日経225(日経平均株価)およびTOPIX Core30の構成銘柄の一社。 (JR東日本 Wikipedia)

津波

2016年12月23日

宮城・女川駅前、新たなにぎわい

宮城・女川駅前、新たなにぎわい

復興へ市場オープン

共同通信 47NEWS
東日本大震災で甚大な被害が出た宮城県女川町で、JR女川駅前に整備中の商業エリアに23日、鮮魚や水産加工品などを扱う8店舗が入る市場「ハマテラス」が開業した。先行して営業を始めた隣接の商業施設「シーパル...配信元で全文

復興

2016年12月22日

宮城・女川に津波耐えた桜の地蔵

宮城・女川に津波耐えた桜の地蔵

震災翌年3輪の花、商店街安置

共同通信 47NEWS
宮城県女川町で22日、東日本大震災の津波に耐えて花を咲かせた桜の幹で作られた「桜咲く地蔵尊」が、女川駅前商店街「シーパルピア女川」の一角に安置された。 桜は、元は保育所の庭にあったソメイヨシノで、20...配信元で全文

東日本大震災

津波

2016年10月16日

宮城県で震度4

原発に異常なし

共同通信 47NEWS
16日午後4時37分ごろ、宮城県で震度4の地震があった。気象庁によると震源地は宮城県沖で、震源の深さは約20キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.3と推定される。午後4時58分ごろにも、同県女川町...配信元で全文

原発

地震

2016年8月13日

迎え火で震災の犠牲者弔う

迎え火で震災の犠牲者弔う

宮城・女川の住民

共同通信 47NEWS
東日本大震災の津波で大きな被害に遭った宮城県女川町で13日夜、地元住民がお盆の迎え火をたき、800人以上の犠牲者の魂を弔った。復興事業で街の中心部の風景が日ごとに変化する中、人々は暗闇に浮かんだ明かり...配信元で全文

東日本大震災

2016年6月26日

モデル気分で被災地元気に

モデル気分で被災地元気に

女川でファッションショー

共同通信 47NEWS
東日本大震災で被災した女性を元気づけようと、宮城県女川町の路上で26日、住民参加のファッションショーが開かれ、プロからウオーキング指導を受けた4~19歳の女の子40人が潮風を浴びながらさっそうと歩き、...配信元で全文

被災地