「放射性物質」のニュース

福島の県産米、全量検査を縮小へ

避難指示区域では継続

共同通信 47NEWS
福島県は18日、東京電力福島第1原発事故後に県産米を対象に実施している放射性物質検査「全量全袋検査」を見直し、避難指示が出なかった区域では数年後に「抽出検査」に移行する案を示した。 詳細は今後検討する...配信元で全文

「福島県」のニュース

「汚染水」のニュース

「イラン」のニュース

日本産食品の輸入規制撤廃

アルゼンチン、証明書不要に

共同通信 47NEWS
アルゼンチン政府は8日付で、東京電力福島第1原発事故後に設けていた日本産食品と飼料の輸入規制を撤廃した。アルゼンチンに輸出する日本の貿易業者は、日本政府が発行する放射性物質検査証明書などの提出が不要に...配信元で全文

「アルゼンチン」のニュース

女川原発事故想定し訓練、宮城

初動対応を確認

共同通信 47NEWS
宮城県沖の地震により、東北電力女川原発2号機(同県女川町、石巻市)で過酷事故が起き、放射性物質が外部に漏れ出たとの想定で、県と原発から30キロ圏内にある7市町が14日、事故時の初動対応を確認する訓練を...配信元で全文

「原発事故」のニュース

「ロシア」のニュース

住民を北海道へ、初の海上輸送

東通原発事故に備え訓練、青森

共同通信 47NEWS
青森県は25日、東北電力東通原発(東通村)の全電源喪失により放射性物質が放出される危険性が高まったとの想定で、北海道へ向かう民間のフェリーを使い、原発30キロ圏の住民を輸送する初めての訓練を実施した。...配信元で全文

「原発事故」のニュース

大洗被ばく事故、分析「不十分」

大洗被ばく事故、分析「不十分」

規制委、最終報告書の再提出指示

共同通信 47NEWS
日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で6月に起きた作業員被ばく事故で、原子力規制委員会は25日、定例会合を開き、機構が9月末に提出した事故原因の最終報告書について、放射性物質の管...配信元で全文

大洗の最終報告書、再提出指示へ

規制委、被ばく事故で機構に

共同通信 47NEWS
日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で6月に起きた作業員被ばく事故で、原子力規制委員会は、機構から提出された事故原因の最終報告書について、放射性物質の管理体制の不備などを招いた組...配信元で全文

「米海兵隊」のニュース

福島の指定廃棄物、11月に搬入

環境省、県内富岡町の処分場へ

共同通信 47NEWS
環境省は13日、福島県富岡町の町議会全員協議会で、東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質に汚染された福島県内の指定廃棄物を、11月から同町の最終処分場に搬入する意向を表明した。 環境省の担当者は...配信元で全文

「環境省」のニュース

「消費者庁」のニュース

格納容器内で1次冷却水漏れ

伊方原発、環境影響なしと四国電

共同通信 47NEWS
愛媛県と四国電力は5日、定期検査で停止中の伊方原発3号機(同県伊方町)の原子炉格納容器内で、1次冷却水約530ミリリットルの漏えいがあったと発表した。四国電は「放射性物質は微量で、周囲の環境に影響はな...配信元で全文

「四国電力」のニュース

作業員被ばく事故原因を最終報告

保安規定に抵触の恐れ

共同通信 47NEWS
日本原子力研究開発機構は29日、大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で起きた作業員被ばく事故の最終報告書を、原子力規制委員会に提出した。貯蔵容器に入れた放射性物質が飛散したのは、接着剤の樹脂が放射線で...配信元で全文

民間保管2例目の指定廃棄物解除

福島原発事故で発生、宮城・名取

共同通信 47NEWS
環境省は20日、東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物のうち、宮城県名取市の民間企業が保管する汚泥数トンの指定を解除した。時間の経過で放射性物質の濃度が基準値を下回ったためで、民間保管分の解除は...配信元で全文

「原発事故」のニュース

東北電、防潮堤かさ上げ工事公開

女川原発、津波対策で

共同通信 47NEWS
東北電力は14日、2018年度後半以降の再稼働を目指す女川原発2号機(宮城県)で、津波対策としてかさ上げ工事が進む防潮堤や、事故が発生した際に放射性物質を含んだ水蒸気を外部に放出するフィルター装置を報...配信元で全文

「北海道電力」のニュース

「東京電力」のニュース

「福島県」のニュース

「北朝鮮」のニュース

「環境省」のニュース

「運転再開」のニュース

「日本原子力研究開発機構」のニュース

「東京電力」のニュース

「原発廃炉」のニュース

「福島県」のニュース